痩身に大変効率的といわれるエアロビの仕方とは

2016-07-25_092642

エクササイズが十分でないことなどの理由で脚部の筋組織が失われてしまった場合、歩行時に大きい歩幅で歩くという事が容易ではありません。常々の歩行をシェイプアップへも役立たせる為に、筋組織を同時に向上するという事が重要なことです。ストレッチ等によりカバーしてあげると効果的といえます。

エアロビの前にウォーミングアップをしていくことで身体を暖めます。準備運動なしに始めてはケガの一因ともなりますので、ウォーミングアップは絶対に忘れずに実践するようにしましょう。又、体重を減らす作用を生じさせるためにはストレッチングで血の流れも上昇させておいてください。

体脂肪削減のためになるなら習慣的に実践したい運動。とはいえ、週の内に一両日の頻度で休む事が肝心なのです。さらに、ウォーキングの方法として大きめの一歩の幅が必要です。自分の背丈の4.5~5割程の広さでの歩幅がいいと言われているようです。おすすめの姿勢を維持するために、お腹の筋肉と背筋などの肉体の遅筋線維を多く動員します。つまるところ、正しいフォームで取り組むことだけでアウターマッスルを使っている状態にも繋がるということです。毎日の運動を持続することが痩身へと繋がってくるのに、このような意味合いがちゃんとあったのです。

どんな運動でも筋組織を動員します。また、痩身と筋組織には深いつながりがあるのです。ウォーキングにおいて不可欠な筋力を強化することによって、より効果大な脂肪減量をやり遂げる事も現実になりそうです。

宇宙に憧れて勉強を開始

e826a0f4f9ec340433586142e6a16add

最近、堀江貴文さんの影響で宇宙に興味を持ちました。

しかし、私は、宇宙に関する知識はまったくなくどのように勉強すればいいのかわかりませんでした。

そこで、まずはお金を使わなくてもいいネットで情報を集める事にしました。

ネットで宇宙に関する情報を集めていましたが、宇宙に関する情報はビックリするほど少なくて、行き詰ってしまいました。

しかし、宇宙に関する勉強をすることは諦めきれなかったので、本屋に行って宇宙に関する本を探しました。

小さな本屋では宇宙に関する本はまったくないので、購入するなら大きな書店まで行く必要がありました。

大きな本屋に行き、普段、行くことがない物理や量子などの本棚も前に立ちましたが当然どれを選んでいいのかわからない…。

本屋の店員に聞こうと思っても、本屋の店員がわかるはずもなく途方に暮れていました。そこで、目についたのが、イラストを多用している本。

パッと見、子供用の本に見えましたが、中を見て見ると私にも理解できないような内容でしたので、入門にはいいのではないかと思い購入しました。

家に帰ってきて、本を読んでいますが案の定、よくわからない。ですので、また、本を探したところ、kindleでnewtonという化学雑誌が99円で販売されているのを発見。

写真を多用しているので、凄く分かりやすい。
今、newtonを使い、宇宙に関する勉強をしています。

夏になるとフィラリア薬を飲ませます

私はフィラリアで愛犬を亡くしたことがあって、その時にすごくつらい思いをしたので、フィラリアにはすごく敏感なのです。

犬を飼うようになって、動物病院でまずは血液検査を受けて、フィラリアにかかっていないことを確認してから、フィラリア薬を飲ませるようにしています。昔のフィラリア薬は飲ませにくかったのですが、最近のお薬はおやつのような匂いがするらしくて、犬が自分で喜んで食べるようになっていて、与えるのがすごく楽になりました。

4月ごろになると、フィラリア薬を飲ませ始めます。フィラリアは蚊が原因でかかる病気なので、春になって暖かくなったらフィラリア薬を与えるようにしています。
季節としては4月から10月ごろまでで、冬の間は与えません。

毎月同じ日に与えなければならないので、カレンダーに薬を与えた日を記録するようにしています。1ヶ月でも飲ませるのを忘れたら、効果がなくなってしまうので、非常に神経質になって、忘れないようにしなければなりません。

日本は特に夏は蚊が多いので、フィラリアにかかる危険性が高いので、フィラリア薬を与えるのは必要なことです。お薬はかなり高いのですが、愛犬をフィラリアから守るためですから多少高くても飲ませるようにしています。

フィラリアにかかると、咳をするようになって、心臓の中に虫が湧いて、最終的には命を落としてしまうので、フィラリアの予防はとても大切なことで、犬を飼う時には必ず飲ませないといけない薬です。

フィラリアは予防のお薬を飲ませていると、フィラリアにかかる危険性が低くなるので、夏でも割と安心しておけます。それでもフィラリア薬が100%効果があるわけではなく、春になると血液検査を受けて、フィラリアにかかっていないことを確認してから薬を与えるようにしています。陰性だとすごくホッとします。1年のうち8ヶ月くらい飲ませなければならない薬なので、犬が喜んで食べてくれる薬は便利だなと思います。

フィラリア薬 通販

フィンジアは使ってみる価値のある育毛剤です

フィンジア

フィンジアという育毛剤をご存知でしょうか。世の中に育毛剤は数多くありますが、フィンジアは一線を画します。

まず配合されている成分ですがキャピキシルという男性ホルモンと相反する女性ホルモンに作用する物質です。これで男性ホルモンの働きを抑え、薄毛進行を食い止めます。

そしてピディオキシジルという成分はミノキシジル誘導体と言われるものです。薄毛改善に、ミノキシジルというかつもう促進成分が入っている育毛剤はあります。

しかし極まれに副作用が出る場合もあり、誰にでも使えるという訳ではありません。しかしピディオキシジルはその副作用がなく、安心して使えるものになっています。

更にカプサイシンという成分も含まれており、頭皮の内側から毛穴を広げ、発毛成分がより浸透しやすくなります。自分もすぐに試してみたくて、根とで購入しようとしましたが、一時生産が追いつかなくなるほどの人気ぶりで、届くまで少し待ちました。

価格も、通常料金では一万円を超えますが、定期購入だと送料が無料になり、一万円を切ります。育毛剤としては安価であることも見逃せません。

フィンジアの効果については、自分が使ってみたところ約三か月で、髪にコシが出て、ボリュームが増えたように感じました。

朝、髪のセットする時も自然な感じが出てきましたし、シャンプーの時も確かに髪が増えた感触がありました。

実際に頭皮に塗布した時の感覚は、カプサイシンが入っているからか、頭がスーッとするような独特の爽快感がありました。

ベタつきもなく、フィンジアの使い心地はかなりいいです。それからフィンジアは毎日使ってください。

一本の容量が50mlのため、持ち運びも容易で、出張や旅行にも気兼ねなく持って行けます。育毛は一朝一夕には効果が出ず、継続することが成功の秘訣です。

また配送の時も無地のダンボールで届くので、配送業者さんや家族にも育毛剤を使っていると恥ずかしい思いをすることがありません。ぜひ一度お試しください。

フィンジア 効果

ハワイへ旅行した高校生の体験記

Portrait of happy teens standing next to each other and looking at camera with smiles

 

高校2年生の時、はじめての海外旅行がハワイでした。

 

一週間と短い時間でしたが、青い空と青い海、爽やかな風そして、フレンドリーな地元の人達の笑顔に感動したのを今でも忘れられません。

 

それがきっかけで海外に興味がわき、19歳の時に5か月間、カリフォルニア州アーバインとサンディエゴにホームステイし語学学校に通いました。

 

その頃はまだ英語も苦手で先生には「Hello! Thank you! Bye!」だけは元気だねと言われていました。クラスは5クラスにレベルが分かれていて、私はもちろんレベル1、放課後にスイスから来ていたクラスメートと一緒に宿題をしていました。

 

今、考えるとどうやってホストファミリーやお互いに話せないクラスメートと遊んだり旅行行ったりしていたんだろう?と思う時があります。ただただ毎日が新しい発見や色々な国の方との出会いがあり刺激的で楽しかったです。

 

帰国してからもホストファミリーをはじめたり、英会話学校に通ったり、出会いを大切にしたり、海外旅行等、常に英語に触れてきました。ただ語学の壁はなかなか越えられないのが現実です。

 

何に関しても継続は力なりだと信じ、これからも大好きな英会話学習を続けていきたいと思います。

 

海外へ行ってみると、英語の楽しさに加えて、日本とは異なる文化を体感できるのも楽しいことの一つです。国によって国民性が異なり、性格も違って楽しいですね!

 

外国文化の違いまとめ

 

磯遊びを兼ねた穴釣りは本当に楽しく

休日を利用して東伊豆・川奈のゴロタ海岸に出掛け、午前中一杯ムラソイやカサゴを釣って楽しんできました。

神奈川東部からは車で約2時間ちょっと。暑くもなく適度に涼しい曇天が逆に魚の活性を上げてくれた様で、正味4時間程度の釣りで合計15匹もの釣果を上げる事が出来ました。

釣り方は実に簡単。メッキやメバル様のライトタックルに5センチ程度のヘビーシンキングミノーや根魚用のボンボンを結び、ゴロタの岩と岩の間の、いかにも魚が潜んでいそうな隙間にこれらのリグを垂らし、垂直方向に数度トゥイッチしてあげるだけ。そこにやる気のある魚がいれば一気に穴の中から飛び出し喰い付いてきます。

東伊豆の海岸線は場荒れが少なく、手頃な穴の中にはかなりの高確率でムラソイやカサゴが潜んでいます。ゴロタからゴロタへとウェーダーを穿いて歩き渡り、テンポよく探ってゆくとどんどん釣果が伸びていきます。

時として魚の元気が良く、ルアーを咥えたまま穴の中に潜られ中々出てこなくなってしまうケースもあります。

そんな時は無理に引っ張り出そうとはせず、しばらくラインを緩めて放置してあげると意外と簡単に穴の中から出てきてくれ、釣り上げる事が可能となります。

沖が荒れうねりや風浪が寄せる様だとダメですが、ベタナギの日なら子供も交えた磯遊びの一環として楽しむのもあり。中々スリリングで病みつきになってしまう事請け合いです。

口からブクブクと泡を吹いて失神している

2016y05m04d_024712490
10年程前、東京の高田馬場で暮らしていた時の〈 驚きエピソード 〉です。

当時私は有楽町で働いていて、仕事が終わるのは大体20:00過ぎでした。
電車通勤でしたので有楽町 → 高田馬場まではJR山手線(内回り)を利用していました。

JR山手線といえば、都内数多の路線の中でも、かなり混雑する電車だと思います。
金曜・土曜日の夜などは酔っぱらった乗客も多く、電車内自体がお酒臭いなどというの
珍しくない状況でした。

私もお酒は好きなので、車内に酒の匂いが充満していようと対して気にもならないのですが、
酔っぱらって、他の人の迷惑になっている乗客に対しては時として厳しく叱責をしていました。
今でこそ、よっぽどの事が無い限り、関わらないよう放っておきますが、当時まだ若かったので。

例えば、
● 明らかに知り合いではない女性客に、口説き口調でカラんでいる50代とおぼしき男性。
● 自動改札の前で3?4人で輪になり、ハイテンションで騒いでいる30?40代のサラリーマン。
などの人達に対して結構キツい言葉を直接発していた事が5?6回はありました。

そんなある帰宅時に、大塚?池袋へと走行している比較的すいている電車内で、私がつり革に捕まって立っていると、
隣りにいた見知らぬサラリーマンが、立ったまま私の肩を枕にして寝始めたのです。しかも『ズズ・・ズズズ・・』との
いびきをかきながら。『 酔っぱらうとこんな事までしてしまうのか 危機管理が甘すぎるだろう 』と思い、
怒りがこみ上げました。なんという言葉で叱責しようかと思いながら、その男の顔を覗き込むと、

その人はなんと! 私の肩を枕にしているのでなく、
白目になって、口からブクブクと泡を吹いて失神しているではありませんか。
突然の事すぎて、私自信もパニックです。 『 わ わ?っ わ?あっ!! 』との何とも情けない声を上げ、
手を軽く震わせながら、その人が倒れない様に支えました。状況を察した周辺にいた男性2人も協力して下さり、
3人でその方を支えると、男性の内一人が私に、『 お兄さん、この人このままじゃやばいよ! 』と。
私も初対面で状況は把握していない。などの説明をしている暇はなく完全に連れだと思われたまま、
電車は池袋へ到着。 支えるのを2人に託した私は《 短距離走のクラウチングスタート 》ぐらいの猛烈な勢いで、
社外へ走り出し、車掌さんを呼びました。当然電車は緊急停車。幸い失神した男性は大事には至りませんでした。

まとめ 
『 知らない人が、突然自分の肩を枕にして寝始めても、酔っぱらいと決めつけて反射的に怒ってはいけませんね。』
という話でした 笑

20代で経験した唯一の海外旅行の思い出

海外旅行用の飛行機

 

現在40代半ばのサラリーマンです。結婚もしてマンション買って子供も生まれたことでお金がかかり切り詰めた生活を送っています。こんな状況なのか独身時代の自分で稼いだお金がそのままお小遣いになっていた頃を懐かしく思い出すことがあります。

今から20年前に大学時代の友達三人とで有給を使って韓国旅行をしたのですが、海外旅行に行くのは初めてなので旅行が決まってからは嬉しくて興奮したのを思い出します。

 

成田空港からノースウェスト航空便で空路三時間を経てたどり着いた異国の地、韓国の金浦空港に到着したのですが、現地の人は日本人と見かけは変わらず海外に来たという感じはしなかったのですが、看板や案内に記されているハングルの文字、まったく理解できなくてあーやはりここは異国の地なんだと思い知らされました。

韓国はツアーを組んだのですが、基本的に行動は自由なので時間を気にせず色んなところに出向いてみようとホテルに荷物を置いて街に繰り出しました。韓国での楽しみは何と言ってもグルメです。焼肉や参鶏湯など現地の食事を堪能しましたが、どれも美味しかったです。日本とは違った食文化を満喫できて良かったです。

そして韓国旅行のもう一つの楽しみであるウォーカーヒルというホテルで行われているカジノも経験しましたが、何とルーレットで10万円も儲かってしまい、その日の晩は同行した友達に焼肉をおごっちゃいました。

あれから海外旅行に行く機会もなく今に至りますが、日本では味わえないスリルある異国文化を経験できたのは刺激的で忘れることはできません。また韓国に限らず海外旅行に行けたらなと思っています。